静岡県浜松市のバイク・自動車・ジェットスキーシートの張替え、修理専門店

株式会社茗荷シート

【電話】053-441-0017 受付時間8:00~17:00【FAX】054-441-0018

バイクシートの張替え・修理

バイクシートの張替え・修理について

長年乗ったバイクシートは、乗り降りをしているうちに劣化し、破れる事があります 。破れたシートは座り心地が悪く、さらにそのままにしておくと、内部のウレタンが水や日にさらされて劣化し、バイクシートと同様に張替えや修理が必要になる場合もあります。 

当社では、少々のウレタンの破損修理に関してはサービスで行っております。
修理部門には熟練した20名以上の人員を確保しています。長年乗り降りをして劣化したバイクシートでも、熟練した職人の確かな技術でお客様に満足していただけるような仕上りをお約束します。また、肉盛り、肉抜き等の形の修正も可能です。
お客様の大切なバイクシートの張替え、修理は、ぜひ当社にお任せください。

バイクシートの張替え、修理

バイクシートの張替え、修理の工程

  • 張替え、修理を行うバイクシートをばらす

    張替え、修理を行うバイクシートからカバーを
    取り外します。
    バイクシートのばらし
  • バイクのウレタンの修復(または肉抜き、肉もり)

    バイクのウレタンの修復を行います。
    張替え、修理を行うバイクの状態により、修復内容は異なります。
    ウレタンの状態によって張り上りの良し悪しが決まるので、この工程が張替え、修理の重要なポイントになります。
    ウレタンの修復(または肉抜き、肉もり)
  • バイクシートカバーの型紙取り

    バイクカバーが純正の場合は不要です。(既に型紙があります)
    この工程も重要なポイントで、後の張り加工に影響を与えます。
  • バイクシートカバーの型紙の裁断

    工程3で作られたバイクカバーの型紙を基に
    手作業で裁断を行います。
    大量に型紙がある場合(5枚以上)は
    自動裁断機(コンピュータ管理)で
    カットします。
    バイクカバーの型紙の裁断
  • バイクシートの縫製

    バイクシートのミシン縫いを行います。
    この工程の際に表面のパターンを
    作ります。
    一般に無地かミシン縫いか
    高周波ウェルダー加工になります。
    バイクシートの縫製
  • バイクシートのカバーリング

    バイクカバーを仕立てます。通常はタッカー打ちに
    なりますが、旧車では金属ベースのツメの引っ掛け。
    FRPベースでは接着での止めが多いです。
    バイクシートのカバーリング
  • 張替え、修理を行ったバイクシートの検査・梱包・出荷

    張替え、修理を行ったバイクシートが、お客様の指示通りに出来ているか、外観に問題は無いかをチェックし、梱包します。
    このとき運送時に問題がおきないように充分注意して梱包を行います。

茗荷シート4つのこだわり

  • 張替え・修理
  • オリジナル・カスタム
  • 旧車
  • 表面加工

ご注文の流れ
ご利用にあたって
ジェットスキーの事例
バイクシートのレザー色見本
会社概要
茗荷シート外観
  • 株式会社茗荷シート
  • 〒432-8047
    静岡県浜松市中区神田町124
  • バイク、自動車、ジェットスキーなどのシートの張替え、加工、修理を行っております。

このページの上へ